ホーム  >  本学会の概要

概要

理事長メッセージ

理事長 山下 友信

日本空法学会は、1955(昭和30)年に「日本航空法学会」として設立され、1971(昭和46)年に「日本空法学会」と改称されて今日に至る学術団体です。「日本航空法学会」をさらに遡ると、1952(昭和27)年に東京都立大学(当時)を中心として関係分野の法学研究者・実務家・官界有志によって設置された「航空法研究会」がその前身となります。2020(令和元)年5月時点の個人会員は143名、賛助会員は3団体です。個人会員としては、大学所属の研究者とともに航空・宇宙関係の実務に携わる弁護士、企業実務家等が幅広く参加しています。

本学会は、航空に関する私法、公法、国際法の研究を目的とする学会としてスタートしましたが、近年は、宇宙に関する法分野も幅広く研究の目的としており、毎年5月に開催される研究報告会においては、会員やゲストによる研究報告等が行われ、その成果を機関誌「空法」に論文として掲載することが学会としての活動の中心となっています。

航空・宇宙に関する国や企業の活動・事業は、それらの特性に応じた各国および国際的な法的ルールに従って展開されており、航空・宇宙に関する法的ルールの研究は、わが国における航空・宇宙活動・事業を法学研究の領域から支えるとともに、国際的な法的ルールの形成に学術面から貢献する活動ということができます。航空・宇宙に関する法の研究に関心をもつ多くの、とりわけ若い世代の研究者、実務家の皆様の参加をお待ちしています。

日本空法学会(Air Law Institute of Japan)は、航空に関する条約及び内外の法規等の研究を行い、もって、航空に関する文化の発達に貢献することを目的とする日本学術会議協力学術研究団体です。

お問い合わせ

お問い合わせ先 日本空法学会事務局
住所 〒101-8375 東京都千代田区神田三崎町2-3-1 日本大学法学部内
メールアドレス ohkubo.takuya@nihon-u.ac.jp